求人を見る時に欠かせない収入

求人を見る時に欠かせない収入についての情報を紹介します

ボーナスも大切

収入で求人を選ぶ際の一つの大きなポイントと言えるのが、やはりボーナスの有無です。ボーナスは企業によって有無が異なりますし、その金額も異なりますので、日頃の基本給が良くても、年間を通してみると、結果として、ボーナスを貰っている会社の方がはるかに年収が上になるというケースもザラにあります。
収入で求人を見る際には必ず、ボーナスの有無も確認をし、何か月分がボーナスになるのか、入社どのくらいでボーナスを貰うことが出来るのかを確認しておくことが大切です。

また、有給があるかどうかも、収入で選ぶポイントとなるでしょう。急に休まなければいけなくなる時というのは誰にでもありますので、有給の有無は非常に大切なポイントと言えるでしょう。
有給が無い企業に勤めて、万が一長期的に休みを取らなければいけないような事態に陥った場合、その間の収入が全くなくなってしまいますので、不測の事態に備えて、有給の有無、何日か、いくら貰えるかを、面接時などに確認しておきましょう。

このように、収入で求人を選ぶ際にもいくつかのポイントがありますので、出来るだけ自分が損をしてしまわないように、様々な角度からトータルで見て判断するようにしましょう。

労働時間と比べて

収入や手取りがどんなに高くても、それだけでは判断をしていけません。求人をチェックする際には、収入の高さで判断をしてしまうという方もいがちですが、企業によっては、バイトをした方がよほど稼げるというケースもありますので、収入を判断する際には、労働時間も加味して判断するべきだと言えるでしょう。

参考HP≪汝々艶十三店 – 風俗求人サイト
短時間で高収入を得られるデリヘルの求人サイトです。

企業によっては、サービス残業が推進されている企業が未だに多く、悪質な場合、その分は決して支払われることはありません。また、元々の労働時間が非常に長く、給料だけ見れば高くても、時給換算するとそこまで貰っていないというケースや、労働日数が多く、日雇いの派遣をした方がよほど稼ぐことが出来るというケース、家に帰って仕事をしないと次の日に間に合わない為、自宅に仕事を持ち帰るケースなども少なくないのです。

求人をチェックする際には当然ですが、収入欄だけではなく、労働日数、労働時間、みなし残業が何時間かなどをチェックし、可能であれば、面接の際に事前に聞くことをオススメします。
一般的な企業であれば、そうした質問をすることで自分のマイナスになることはありませんので、入社してから不利益を被る前にも、事前に確認しておくべきと言えるでしょう。

1/2ページ

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén