求人を見る時に欠かせない収入

求人を見る時に欠かせない収入についての情報を紹介します

月別: 9月 2016 (1ページ/2ページ)

労働時間と比べて

収入や手取りがどんなに高くても、それだけでは判断をしていけません。求人をチェックする際には、収入の高さで判断をしてしまうという方もいがちですが、企業によっては、バイトをした方がよほど稼げるというケースもありますので、収入を判断する際には、労働時間も加味して判断するべきだと言えるでしょう。

参考HP≪汝々艶十三店 – 風俗求人サイト
短時間で高収入を得られるデリヘルの求人サイトです。

企業によっては、サービス残業が推進されている企業が未だに多く、悪質な場合、その分は決して支払われることはありません。また、元々の労働時間が非常に長く、給料だけ見れば高くても、時給換算するとそこまで貰っていないというケースや、労働日数が多く、日雇いの派遣をした方がよほど稼ぐことが出来るというケース、家に帰って仕事をしないと次の日に間に合わない為、自宅に仕事を持ち帰るケースなども少なくないのです。

求人をチェックする際には当然ですが、収入欄だけではなく、労働日数、労働時間、みなし残業が何時間かなどをチェックし、可能であれば、面接の際に事前に聞くことをオススメします。
一般的な企業であれば、そうした質問をすることで自分のマイナスになることはありませんので、入社してから不利益を被る前にも、事前に確認しておくべきと言えるでしょう。

手取りがいくらか確認

求人を収入で選ぶ際には、求人情報に書かれている収入のみをチェックするのではなく、トータルで求人情報をチェックして、結果としていくらが手取りになるのかを確認することが大切と言えるでしょう。

まず、厚生年金や保険組合についてです。会社によっては、こうした保障を設けていないという所もある為、就職したにも関わらず、保険料や年金は別途自腹で支払わなければいけないというケースも多々あります。
こうなってしまうと、結果として手取りがほとんど残らなくなってしまうこともありますので、会社の保険や保障はどの程度の物なのかを事前に求人情報でチェックしましょう。

次に、業種によっては、自腹を切って不利益を買い取るというケースや、月々会社に納めなければいけない費用(組合費等)が発生するケースがありますので、その点もしっかりと確認しておかなければいけません。
例えば、商品が顧客に売れずにノルマが達成できなかった場合、そのノルマを自腹で賄うという企業もあります。そういった企業に勤めてしまうと、手取りがほとんど残らないという場合も少なくありませんし、何のために働いているのかわからなくなってしまいますので、しっかりと確認をしましょう。

1/2ページ

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén